O脚の人の靴の選び方

    top.jpg

    足の負担を軽減して疲労を予防し
    足を外側に傾かせるO脚補正用ドイツ製インソール
    O脚用ドイツ製インソール「ぺダック」



    O脚の人はO脚でない人よりも脚への負担が大きくなります。O脚の人は日常生活の中で歩いているだけでも脚や腰、膝に負担がかかっています。またその負担により脚やせがしにくく、むくんだ脚になりやすくなってしまいます。
    O脚による負担軽減や脚やせを目指すには、靴選びが重要となってきます。

    可愛いから、おしゃれだから、女性らしいからという理由で靴を選んでいる女性は多いでしょう。しかし、デザインだけを重視したくつ選びはO脚につながる危険性があります。脚への負担が少ない靴を選び、O脚になりにくく、脚やせしやすい脚の状態を作るようにしましょう。
    O脚防止には履き心地のいい靴を選ぶことが大切です。

    ここで靴選びのポイントをご紹介します。
    ・ くるぶしが靴に当たらないものを選びましょう。
    ・ かかとが安定していて、歩いた時にかかとが浮いたりしないものを選びましょう。
    ・ 歩いた時に靴の中で足が滑ったりしないものを選びましょう。
    ・ 靴底が安定しているものを選びましょう。
    ・ 足の甲がぎゅっと押されて圧迫されたりしないものを選びましょう。
    ・ つま先がキチキチではなく少しゆとりがあるものを選びましょう。
    ・ つま先は尖がりすぎいていない丸めのものを選びましょう。
    ・ つま先が少し持ち上がっているものを選びましょう。

    靴は毎日履くものです。そのため靴選びを間違えると脚に大きな負担を与えることになります。O脚予防そして脚やせへの大切なアイテムである靴選びは履き心地を重視し慎重に行いましょう。

    女性の中にはオフィス内で社内履きを履いている人も多いのではないでしょうか。通勤用のヒールの靴から脚への負担の少ないオフィス履きに履き替えて仕事をすることはO脚予防につながります。またむくみも減るので脚やせにもつながります。しかし、抜けやすいサンダルや底の厚すぎるサンダルはかえって脚に負担になる場合があります。オフィス履きを選ぶ時も慎重に選ぶようにしましょう。

    スポンサーリンク

    最近は脚への負担が少ないオフィス用サンダルや履いているだけで脚やせするシューズなどが多く販売されています。特に注目されている物にはドイツ製O脚補正用インソール「ペダック」があります。
    履いて歩くことで脚のトラブルが解消できるように開発されたものであるという点にあるでしょう。このシリーズにはO脚対応のものや美脚エクササイズ対応のものなどがあります。オフィスで履きながらO脚予防、脚やせを目指す女性におすすめです。

    脚にいい靴を選んでO脚予防・改善そして脚やせを目指しましょう。
    日常の中でO脚プラス脚やせを目指している人は脚やせ効果のあるソックスを履くようにしましょう。また日常生活のなかで気軽に脚やせできるグッズには脚やせソックスの他に脚やせテーピングなどもあります。是非チェックしてみてください。

    Comment 0

    There are no comments yet.

    スポンサーリンク