緑でサラナが痩ると話題!その効果と口コミを調べると。。。

    緑でサラナ

    緑でサラナが痩ると話題!

    緑でサラナは、野菜の力を活用してコレステロールを下げる効果が期待できる、特定保健用食品に指定されている製品です。特定保健用食品とは、消費者庁から認可を受け、健康維持増進に役立つ食品として知られています。緑でサラナの最大の特徴は、SMCSという成分が配合されていることで、これは、ブロッコリーやキャベツから抽出される天然アミノ酸成分です。コレステロールの排出を促す作用が実験で確認されています。

    緑でサラナ

    メーカーのヒトでの被験者検査では1日2缶、3週間の継続でコレステロールの低下が認め得られています。

    スポンサーリンク

    また、原材料が天然由来成分のみであるのも特徴で、合成着色料や、香料、保存料などをはじめとする添加物を一切排除するどころか、砂糖や食塩も未使用という徹底ぶりです。緑でサラナの主原料は、すでに紹介したブロッコリーとキャベツ以外に、セロリ、レタス、ほうれん草、大根葉、小松菜、パセリ、りんご、レモン、クチナシ色素、カロテン色素などがあり、豊富なビタミンと食物繊維が配合されていて、コレステロールの低下を導くとともに、すっきりとした味わいも両立しています。味わいについては、レモンやりんごを生のままピューレ化することで、野菜成分とは思えないフルーティーな味わいを実現しています。そのため、子どもでも飲めると定評があります。

    ms03.jpg

    日本での統計によると、1日に必要な野菜摂取量が350グラムであるのに対し、日本人の平均野菜摂取量は281.4グラムです。しかし、緑でサラナを飲むことで更に105グラムの野菜成分を摂取でき、日本人の野菜不足を補ってくれます。飲み方に決まりがあるわけではなく、朝食時や風呂上がりの時に飲んでも良いですし、飲みすぎても体に悪影響を与えないので安心です。コレステロールが正常値の人でも、コレステロールが下がりすぎることはなく、野菜不足解消のためにも、健康状態維持のために飲むこともおすすめできます。

    ms04.jpg

    緑でサラナは、10年間もの研究を経て開発された製品で、現在は累計販売数が2億本を突破するほどの人気商品となっています。手軽なのに確かな手応えありとSNSでも評判です。緑でサラナに配合されているSMCSにてコレステロールが下がるのは、SMCSがコレステロールを胆汁酸に変える酵素を活性化させる作用があるからです。血中コレステロール濃度を下げることで、サラサラでキレイな血液を取り戻すことができ、生活習慣病の予防になります。

    詳しくはコチラ1


    緑でサラナ

    緑でサラナ

    Comment 0

    There are no comments yet.

    スポンサーリンク