kokuu(こくう)は、ブランド雑穀米で作られた贅沢品

    kokuu


    kokuu

    kokuu

    kokuu(こくう)は、フードコーディネーターのグルテンフリー専門家のhiroさんんが完全監修したネットでも話題になっている健康食品です。特に女性にとって、「うれしい成分」がぎゅっと詰まった製品として定評があります。特に、kokuu(こくう)の注目すべき点は、グルテンフリーである事です。グルテンは、大麦や小麦に含まれているタンパク質の一種で、パンや麺類などのもちもち食感を支え得る大事な選文です。



    最近は、日本の食文化でも欧米の影響により、たくさんのグルテンが含まれる食材が多くなりました。しかし、日本人にとっては、その体質にわないグルテンが輸入され、日本人の中には、小麦アレルギーなどを発症する人も増え始めました。しかし、kokuu(こくう)を開発したメーカーでは、

    スポンサーリンク

    度重なる実験をした結果、「女性が食に求める要素を贅沢に追求し、健康にも美容にも貢献する効果が期待できるうれしいグルテンフリーの穀物を開発したのです。kokuu(こくう)の最大の特徴は、麦類完全にゼロで、グルテンフリーを実現している事です。しかも、栄養満点で、風味や食感も良いのですから、こんな素晴らしいことはありません。改めて、kokuu(こくう)の特徴を説明すると、最大のポイントは、「グルテンフリー」であること。そして、3種類の高タンパクのスーパーフード成分が配合されていることです。



    その一つは、アラマサンスで、これは白米と比較するとタンパク質が二倍、食物繊維は15倍、カルシウムが32倍、鉄分が12倍も含まれるスーパー食物です。それだけじゃありません。カニワと言われる成分も、次世代を担うスーパーフードと言われていて、タンパク質が白米の二倍以上、食物繊維は20倍、カルシウムも14倍、ビタミンB群にいたっても六倍の優れた食品です。さらに、テフと呼ばれる成分は、エチオピア生まれの天然プロテインとも言われていて、白米の1.6倍のタンパク質成分があり、食物繊維は3倍、カルシウムも25倍、鉄分も3倍あると言われています。



    その他のアピールポイントとしては、kokuu(こくう)に含まれる雑穀成分が全て日本国内で収穫されたものであることです。それも、香川県のもち玄米や、群馬県の餅赤米、長崎県の餅黒米、佐賀県の青肌玄米などをはじめとして、日本全国各地のブランド雑穀米を寄せ集めてブレンドした最高級品とも言えるのです。驚くべきことは、この雑穀米には牛乳の2.5倍ものタンパク質が含まれていることです。

    詳しくはコチラ1


    kokuu

    kokuu

    Comment 0

    There are no comments yet.

    スポンサーリンク