グリーンゼリーは、胎児に栄養を与える新しいサプリメント!

    グリーンゼリー


    グリーンゼリー

    グリーンゼリー

    グリーンゼリーは、これから生まれてくる赤ちゃんのための、新しいタイプの栄養剤です。これまで、赤ちゃんのためのサプリメントは普通にありましたが、この製品は、まだ生まれていない赤ちゃんの栄養を補う新しいタイプのサプリメントです。具体的にには、膣から栄養剤を補給する形で、胎児に対して栄養を補給します。グリーンゼリーは、妊娠した夫婦の間でとても話題になっていて、インスタグラムなどでも効果アリという喜びの声がたくさん寄せられています。



    そして、各種メディアでも大々的に取り上げられ、それも、使用者の安心感につながっているようです。この手の製品は、品質問題が最も問われますが、完全国産にこだわったことで、品質的に全く問題がないことが実証されています。しかも、この製品は構想から3年も研究され、やっと製品化されたジュンビーのグリーンゼリーなのです。

    スポンサーリンク

    日本人の女性の体を最優先に考えた結果できた、こだわり品質と言われています。この製品はゼリータイプですが、そのゼリーは7.2ペーハー尾弱アルカリ性であるという安全性と、浸透圧が260から370mOsmという適度なもので、とても自然で滑らかな低粘土ゼリーを採用しているところが安全ポイントです。特に、ペーハー値については、欧米のものとは少しアレンジして、日本人の体質に合うように調整されているところが魅力です。



    そして、もう一つのこだわりポイントは、ゼリーの内容量です。これも、日本人女性にとって最適と判断された1.7mlが設定されています。そして、安全へのこだわりはとても強く、口に入っても心配がないほどの確かな品質を実現しています。そして、使い切りタイプとなっているので、衛生面でも安心と言えるでしょう。ママさんだけではなく、赤ちゃんにも優しい設計であるのが、グリーンゼリーの最大のポイントです。この手の製品は、使い方がとても気になりますが、グリーンゼリーは、使いやすいように専用器具が提供されています。



    膣に挿入するための器具は、中身が劣化しにくい、PP素材の容器を使用し、軽く押せるピストンを採用するなど使用しやすさにもこだわった設計です。膣に挿入するパイプ部分も抵抗感が少ない流線型のフォルムが採用されています。そして、この器具は使い捨てタイプなので、使うたびに、湯煎するなどの作業が必要ないところもメリットです。最後に、グリーンゼリーの主成分を紹介すると、精製水、ヒアルロン酸ナトリウム、カプリリグリコール・プロパンジオール、ヒドロキシエチルセルロース、クエン酸ナトリウム、乳酸などです。

    詳しくはコチラ1


    グリーンゼリー

    グリーンゼリー

    Comment 0

    There are no comments yet.

    スポンサーリンク