トリートメント クレンジング ミルクは潤肌をキープする化粧品

    トリートメント クレンジング ミルク


    トリートメント クレンジング ミルク

    トリートメント クレンジング ミルク

    スキンケアでもっとも重要となるのは、汚れを落とすことです。もちろん、美しく健康的な肌には保湿が大事になりますが、潤いを与えるためには土台に不要なものがない状態でなければ、いくら高価な化粧水であれ、角層に浸透しないでしょう。化粧水や美容液を見直すのではなく、まずはクレンジングの見直しが必要です。カバーマークが発売しているのが「トリートメント クレンジング ミルク」です。メイクを落とすための化粧品ですが、大半はクレンジングオイルやクリームが出回っていると思いますが、カバーマークではクレンジングミルクを販売しています。ミルクというテクスチャーが、肌を優しく労りながらメイクを落としてくれるからです。

    トリートメント クレンジング ミルク

    多くの女性が毎日のようにメイクを施していますから、メイク落としを使うほど肌に負担をかけてしまいます。トリートメント クレンジング ミルクの使用感はピカイチだと謳われていますが、実際にどうなのかを調べてみましょう。

    スポンサーリンク

    トリートメント クレンジング ミルクを発売するのが、カバーマークというブランドです。こちらは、アザ、傷痕、皮膚の変色などにコンプレックスを抱える女性のための化粧品を開発しています。見た目をカバーできるだけで、心までケアしてくれるという評価が付いています。もちろん、肌にコンプレックスを抱えていない現代の女性の肌も、外的刺激により肌荒れやシミ、シワなどの肌トラブルに見舞われています。そうした肌トラブルをカバーする化粧品を開発・販売しているブランドであるため、肌想いであることも理解できるのではないでしょうか。

    トリートメント クレンジング ミルク

    トリートメント クレンジング ミルクの特徴としては、美容液成分が何と89%配合されているということです。クレンジング力もしっかりありますが、洗い上がりのつっぱり感がないというのは、女性にとっては選びたくなる要素でしょう。つっぱるということは、肌にとって必要となる油分までが落ちてしまっている状態です。これでは乾燥してしまいやすく、シワやたるみ肌に移行しがちです。
    使い勝手を調べてみれば、なめらかなミルクに、ぷるんとしたジェルを合わせたような心地の良いテクスチャーで、肌にのせると柔らかく溶け出し、みるみるうちにメイクと馴染んでいきます。

    トリートメント クレンジング ミルク

    トリートメント クレンジング ミルクの最大のウリは保湿力です。ヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持つといわれるMCキトサンを配合しているようで、洗い流した後の肌に潤いのベールをまとうため、洗いが上がりすぐに乾燥することもなく、しっとりとしています。愛用者のなかには、化粧水をつけ忘れるくらい潤いを実感している意見も耳にしました。このMCキトサンは一見するとただの液体なのですが、水を加えるだけで逆さにしても落ちないくらいのジェル化に変わります。これが保湿力の秘密なのだそうです。

    トリートメント クレンジング ミルク

    ちなみに、ミルクタイプのクレンジング化粧品は、肌に優しいけれどメイクが落ちにくいとも言われていますが、カバー力の高いファンデーションも開発するカバーマークが発売しているため、ポイントメイクも力を入れずに簡単に落ちるサマを見るのが快感になる声が続出しています。ちなみに、マツエクを施していても問題なく使えますし、濡れた手でも使えるので、お風呂に入りながら気持ちよくメイクを落とすこともできます。

    詳しくはコチラ1

    トリートメント クレンジング ミルク

    トリートメント クレンジング ミルク

    Comment 0

    There are no comments yet.

    スポンサーリンク